Support & Service
オンラインショップe-JPCJPC店内情報JPCが提供する各種サービスサイト内検索&サイトマップ

HOME > SERVICE > メンテナンス&リペア

■ CONTENTS ■
打な音楽教室
打楽器レンタル
レンタルスタジオ
リペア&メンテナンス
Percussive Gate
・Stuff Blog
 ※underconstruction

INFORMATION
営業時間
アクセス
6Fパーカッションシティ
5Fエスニックシティ
4Fドラムシティ
3F音楽教室
2Fパーカッションスタジオ
B1Fドラムスタジオ
会員制度のご案内
打楽器レンタル
「打」な音楽教室
オリジナル商品
イベント&コンサート情報
お問い合わせ
Repair & Maintenance

■ ティンパニーマレット フェルト交換の手引き ■


 ここ数年、ティンパニーマレットの製作、フェルト交換などを自分でする(してみたい)という方が増えています。同時に、フェルト交換の仕方に関するお問い合わせも多くなりました。交換するにあたってフェルトの大きさ、厚さ、縫い方など色々な方法があり、「この方法が一番良い」という方法はありませんが、ここでは比較的失敗が少ないと思われるフェルト交換の仕方の基本的な部分をご紹介致します。



※用意するもの
 フェルト交換するマレット 1pr
 フェルト(マレットの硬さによって、大きさ、厚さが違います)
 糸(太めでしっかりしたもの)
 針(太めの糸を通せるもの)
 メジャー(素材が柔らかいもの)
 小さいマイナスドライバー(細くて硬い棒)
 ハサミ
 コンパス

 フェルト、糸、針は、お好みのものでかまいませんが、品質が良く、扱いやすいという点から、プレイウッドの製品をお勧めします。

・ フェルト(直径×厚さ)
  60mm×10t ¥800 、70mm×10t ¥900 、80mm×10t ¥1,000 
 90mm×10t ¥1,100 (各サイズ2枚入り)

・ 糸針セット ¥1,000


さあ、やってみましょう! (写真は クリックすると拡大します)

STEP1:フェルトの大きさを決める

 古くなったフェルトを取り除き、マレットの首から首までの長さを計ります。

 巻いていく過程でフェルトが馴染み、若干伸びますので、フェルトの直径は計った長さよりも2ミリ程度小さく取り、コンパス、ハサミを使って極力丸く(真円に近く)、2枚の大きさが揃うように切ります。

STEP2:フェルトの厚さを決める
 マレットの硬さに最も影響するのがフェルトの厚さですが、一度で巻く厚さは7〜8ミリを限度としてください。
それ以上厚いと作業がとても困難になります。
厚さの目安は
・ハード  5ミリ前後
・ミディアムハード  7〜8ミリ
・ミディアム〜ソフト  厚さを調節して2回巻く

といった具合です。
 厚さの目安は下地のフェルトが付いている状態を想定しています。もし、
下地のフェルトが無いようなら、手芸店で販売している厚さ1ミリ程度でシール付きの
ものを張るか、フェルトの厚さを少し厚くして調節してください。

 フェルトは、裂いて使用します。裂いた面が打面になりますので注意してください。この際、2枚のフェルトが同じ厚さになるようにして下さい。
 プレイウッドのフェルトは、素材が薄い層を何重にも重ねて出来ていますので、最初は厚めに裂き、2枚のうち厚い方を薄い方に合わせて少しずつ剥いでいき、厚さを合わせるようにしましょう。

STEP4:フェルトを縫う
 糸は1本縫いだと強度に不安が残りますので、2本縫いにします。縫い方は並み縫いですが、注意しなければいけない事は「縫い始め、縫い終わりを裏(打面でないほう)で合わせる」「縫い幅が細かすぎたり、大雑把過ぎないようにする」の2点です。厚さや直径によって縫い幅が多少変わります。写真のフェルトは60mm×7tですので、参考にしてみて下さい。

STEP5:フェルトを絞る
 結び方は固結びになります。固結びをするには、同じ動作を2回する事になりますが、1回目の状態で糸を引っ張り、うまくフィットするかどうかを確認してください。首(柄の部分)までしっかり絞れない場合は、フェルトが偏っていないかを確認し、フェルトを馴染ませながら調節してください。

STEP6:糸を結ぶ

 いよいよ糸を結びますが、1人だと手が足りず、大変な作業になってしまいますので、どなたかに手伝ってもらいましょう。フェルトを絞った状態で、結び目が緩まないようにマイナスドライバー等で押さえてもらい、固結びにします。両方の絞り具合が同じになるように気を付けて下さい。結び終わったら、結び目がほどけない程度の短さに糸を切ります。はみ出した結び目は、先ほど使用したマイナスドライバー等で、内部に押し込んで見えなくしてしまいましょう。


STEP7:仕上げ

 絞り込んだ事によってはみ出してしまったフェルトの部分をハサミで切ります。これは見た目の問題だけですので、「必ず切らなければいけない」という訳ではありません。切る場合は、糸を切ってしまわないように、くれぐれも注意してください。


完成

絞りの微調整、首の部分の飾り紐の付け方など、今回は割愛させていただいた細かい部分もありますが、ここまで出来れば基本はバッチリです。恐がらずにどんどんチャレンジしましょう!




- このサイトについて - 個人情報について - お問い合わせ -

Copyright(c)2000-2007, KOMAKI MUSIC,INC. All right reserved.
本サイトで使用している社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
本サイトの画像及び内容を無断転載したり、商用利用することを禁じます。
本サイトは NetscapeCommunicator 7.1以降、Microsoft InternetExplorer 6.0以降で動作確認しております。